欧州委員会が、”Withdrawal of the United Kingdom and EU Rules in the Field of Industrial Products”イギリスの脱退と産業製品分野におけるEU規則)という文書を発行しています。その内容を踏まえ、イギリスのEU離脱(ブレグジット)の影響と、ATEX認証をお持ちのお客様へ継続的なサービスに関する活動をご報告いたします。

国際ビジネスを進める上で、障害をいかに抑えるかが事業成功の鍵を握ります。お客様はイギリスの欧州連合(EU)脱退の決定により、今後イギリスとEUの関係がどうなるのか不安を感じられているのではないでしょうか。また、イギリスに拠点を置く認証機関が発行するATEX認証書への影響を懸念されている方もいらっしゃると思います。Sira Certification Serviceは CSA Groupのイギリスを拠点とする認証機関であり、CSA Group (Sira) として認知されています。

CSA Groupは、お客様が抱えるイギリスのEU離脱(ブレグジット)に伴う課題に対処し、事業展開への支援に最善を尽くします。また、お客様のATEX認証書の有効性と継続性に対するリスク緩和を行います。

イギリスの認証機関が発行したATEX認証書

2003年7月より、EU内の爆発性雰囲気の中で使用する機器は、ATEX指令に準拠しなければならなくなっています。発行されたATEX認証書の有効期限は2019年3月です(批准された脱退合意により、変更される可能性もあります)。現在も、イギリスに拠点を置くATEX認証機関は、ATEX認証書を発行しています。離脱日以降の手続きは、イギリスとEU間で締結される協定で決められます。 

CSA Groupはお客様にご安心頂けるよう、このような事態への対応を準備しております。ヨーロッパや北米など世界中に支社があり強力な支援体制を構築していますので、お客様のビジネスに影響を与えるような変更やそれらの動向に関する情報もご提供いたします。

イギリスとEU-27間の交渉結果により、次のような状況が予想されます。

  • イギリス EFTA及び EEAに加盟した場合 – イギリスはEFTA(欧州自由貿易連合)へ加盟後、ノルウェーやアイスランドのように欧州経済領域(EEA)協定に署名する可能性があります。この場合、ATEX指令は引き続き適用され、イギリスでテストした爆発性雰囲気で使用する製品やサービスをEUまたはEEAにて販売する企業は、 2014/34/EU指令に適合しなければなりません。そのため、CSA Group (Sira)のATEX認証に対する影響はありません。
  • イギリスが EFTAに加盟するが、 EEA外にとどまる場合 – イギリスはEFTAに加盟後スイスのようにEUと二国間通商協定を交渉して、EEA外に留まる可能性もあります。この場合、ATEX指令は依然としてイギリスで試験及び認定された商品やサービスに適用されます。イギリスに拠点を置く認証機関が、ATEX指令に基づき認定を行う能力に変更はないため、CSA Group (Sira)のATEX認証書に対する影響もありません。
  • 20193月以降、数年間の移行期間がある場合 – 移行後の状況しだいではありますが、認証機関が引き続きイギリス及びEU市場へATEX認証書を発行することは、双方に経済的かつ商業的利益をもたらします。
  • イギリスがEUと二国間通商協定を交渉した場合 – EFTA外で、イギリスは独自の貿易協定を交渉し、また相互承認協定(MRA)を活用することもできます。相互承認協定(MRA)は適合性評価などの認定結果を複数の国が互いに受け入れることを可能にするため、EU外の認証機関が効果的に活動できるようになります。 MRAは現在、EUとカナダ、オーストラリア、米国を含む非加盟国との間ですでに締結されており、CSA GroupがATEX認証書を発行する能力に影響がでても、CSA Group (Sira) は引き続きEU内で受け入れられる認証書を発行することができます。

優れたカスタマーサービスに向けた取り組み

CSA Groupはお客様の事業展開をサポートするために、2つの新しいATEX認証機関を推進しています。 

  • ドイツの現行認証機関をATEX認証機関として拡張 – CSA Group (Sira) 発行のATEX認証書は無料で移転可能です。
  • CETA下でATEX認証機関の申請 – CSA GroupはカナダとEUのCETA貿易協定(包括的経済通商協定)に基づき、カナダベースのATEX認証機関の申請をしてします。CSA Group (Sira) 発行のATEX認証書は無料で移転可能です。

CSA Groupは発行済み認証書の有効性を維持し、お客様の事業障害やコストを最小限に抑えるために日々努力を重ねています。世界有数の試験認証機関として、妥協のない品質を維持し、お客様が製品を市場投入する期間を短縮できるよう、今後もより優れたサービスを提供してまいります。